850A4242_pp.jpg

はやし しほ

20代後半、身体の不調が起こり、西洋医学では原因不明と診断されて治らなかったことから、最終的にホリスティックな治療に治療を求める。
患者として東洋医学を体験し、体調が回復し始め、治療を続けながら30代半ばから代替医療の技術取得を始める。アロマセラピー、リフレクソロジー、レイキを学び、同時に東洋医学の講習・練習会などを経た後、アーユルヴェーダの門戸を叩く。
身体全体に直接的に働きかける方法の一つとしてアーユルヴェーダ式ヘッドマッサージやハーブ、スパイス、アーユルヴェーダでも使うアロマセラピーなどをグリニス オルシャー( Glynnis Olsher)に学び、アーユルヴェーダトリートメントのトレーニングをインドのペタル・ネトリ医師から受ける。
 
現在もその技術とアーユルヴェーダの知識と施術の向上を通して、人々が調和の取れた身体と意識と心(ハート)と共に生きるための方法を学びながらライフワークとして広げ続けている。
マグダレナエナジーヒーリング2018年から施術開始。現在は遠隔のみでセッション開催。
メディテーションクラスもオンラインで開催中です。
(プライベートでのメディテーションセッションをご希望の方はこちらからお問い合わせください)
森の木